デルマニアのブログ

デルマニアのブログ

とある皮膚科医のブログです。

外陰部高度扁平上皮内病変でイミキモド外用は手術との比較で非劣性/Lancet

 外陰部の高度扁平上皮内病変(vHSIL)の治療において、外用免疫調節薬イミキモドによる局所療法は、有効性に関して外科手術に対し非劣性で、安全性も良好であり、本症の1次治療となる可能性があることが、オーストリアグラーツ医科大学のGerda Trutnovsky氏らの検討で示された。研究の成果は、Lancet誌オンライン版2022年4月25日号で報告された。

オーストリア6施設の無作為化非劣性第III相試験

 本研究は、外陰部上皮内新生物(VIN)の治療における、イミキモドの手術に対する非劣性の検証を目的とする無作為化第III相試験であり、2013年6月~2020年1月の期間に、オーストリアの6つの病院で参加者の登録が行われた(オーストリア科学基金オーストリア婦人科腫瘍グループの助成を受けた)。

 対象は、年齢18~90歳の女性で、組織学的にvHSILと確定され、肉眼的に単巣性または多巣性病変を有する患者であった。主な除外基準は、(1)臨床的に浸潤性病変が疑われる、(2)外陰がんまたは外陰部の重度の炎症性皮膚症の既往がある、(3)過去3ヵ月以内にvHSILに対する積極的な治療を受けている場合であり、免疫不全状態、妊娠中、授乳中の女性も除外された。

 被験者は、イミキモド(5%クリーム)の投与または手術(切除術またはアブレーション)を受ける群に、1対1の割合で無作為に割り付けられた。イミキモドは、緩やかな増量計画に基づき、4~6ヵ月間にわたり最大で週3回、患者自身により塗布された。ベースライン、6ヵ月、12ヵ月の時点で、外陰部鏡検査、外陰部生検、ヒトパピローマウイルス(HPV)検査、患者報告アウトカムの評価が行われた。

 主要エンドポイントは、局所イミキモド治療または1回の外科的介入から6ヵ月の時点での臨床的完全奏効(CCR)であった。CCRは、外陰部病変の臨床的証拠がないこと(原発病変の完全消失)と定義された。解析はper protocol集団で行われ、非劣性マージンは20%とされた。

intention-to-treat解析でも非劣性の強い傾向が

 110例が登録され、このうち109例がintention-to-treat集団(単巣性vHSIL例78%、多巣性vHSIL例22%)で、イミキモド群56例(平均[±SD]年齢53.0[15.7]歳、閉経後61%)、手術群53例(50.2[14.4]歳、43%)であった。per protocol解析には98例(46例、52例)が含まれた。

 6ヵ月時のper protocol解析によるCCRは、イミキモド群が80%(37/46例)、手術群は79%(41/52例)で達成され、イミキモド群の手術群に対する非劣性が示された(非劣性解析のp=0.0056)。閉経状態や喫煙習慣の有無と臨床効果には関連がなかった。

 CCRのintention-to-treat解析では、イミキモド群の非劣性の強い傾向が認められた(CCR割合:イミキモド群72%[39/54例]vs.手術群79%[42/53例]、非劣性解析のp=0.065)。

 また、浸潤性病変は、手術群(2回目の手術を受けた患者を含む)で5例に認められたのに対し、イミキモド群ではみられなかった。

 6ヵ月時の全体のHPVクリアランス率は44%で、両群間に差はなかった。手術群では最初の1ヵ月間に外陰部痛が、イミキモド群では2ヵ月間に外陰部の掻痒の頻度が高かった。また、イミキモド群は、びらんや紅斑のほか、疲労、頭痛、筋肉/関節の痛みの頻度が手術群よりも高かったが、多くが軽度~中等度だった。鎮痛薬の使用は手術群で多かった。治療満足度は両群間に差はなかった。

 著者は、「この試験は免疫組織化学的解析と長期追跡調査が継続されており、今後、イミキモドによる局所治療が最も有益な患者を特定するのに役立つと考えられる」としている。

 

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

 

マルホ、アトピー新薬導入契約、米インサイトから 米国で発売ずみ、年内には欧米での白斑に対する承認取得を見込む

 マルホはこのほど、米バイオ医薬品企業でナスダック上場のインサイト・コーポレーションから選択的JAK2阻害剤の新規外用剤「ルキソリチニブクリーム」を導入する契約を結んだと発表した。これによりマルホは、日本で白斑アトピー性皮膚炎など自己免疫疾患炎症性皮膚疾患を対象に同剤や新剤形を開発・製造し、独占的に販売する権利を獲得した。

 マルホは契約一時金のほか、開発の進捗に応じたマイルストーンなどをインサイトに支払う。契約の経済的条件は非公表。アトピー性皮膚炎への新たな治療選択肢の提供を目指し、今回、マルホは導入を決めた。

 同剤はアトピー性皮膚炎治療薬として米国で発売ずみで、年内には欧米での白斑に対する承認取得を見込む。インサイトは皮膚科領域で強みを持つマルホと組むことで、同剤の日本市場での展開につなげていく。

 

ロゼックスゲル、酒さへの適応追加承認が許可される

 厚生労働省は2022年4月28日に薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会を開催し、トーアエイヨーが中性脂肪蓄積心筋血管症に対して開発している大阪大学発のCNT-01と、エーザイ筋萎縮性側索硬化症(ALS)向けに開発しているメコバラミンを希少疾病用医薬品に指定することを了承した。また、マルホの「ロゼックス」(メトロニダゾール)に酒さの効能を追加する一部変更を了承したほか、日本臓器製薬の「ツートラム」(トラマドール)に疼痛を伴う各種がんの適応を追加する一部変更が報告された。

 

 

コメント:世界標準の治療がようやく日本でも使えるようになりました。

耐性菌への注意は必要です。

 

 

安定期の白斑治療に用いる自家培養表皮「ACE02」を承認申請 J-TEC

 帝人グループのジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は4月27日、メラノサイト(色素細胞)を保持した自家培養表皮「ACE02」(開発コード)について、再生医療等製品製造販売承認申請を行ったと発表した。同製品は、安定期の白斑(尋常性白斑またはまだら症)の治療を目的としたもの。

 同製品は、患者本人の皮膚組織を採取し、分離した細胞を培養し、メラノサイトを保持したままシート状に形成して患者自身に使用する自家培養表皮。安定期の白斑の患部に対して、表皮層を薄く削った後に同製品を移植するとメラノサイトが供給され、色素が再生することによる白斑の治癒を目指す。同製品の移植は、既存の外科的治療に比べて、少ない面積の皮膚組織を用いて製造するため、患者への侵襲が少なく、かつ一度に広範囲の治療を行うことができる。

 白斑は、皮膚に存在するメラノサイトが減少し、皮膚の色が白く抜ける疾患。なかでも、後天的にメラノサイトが破壊されて発症する尋常性白斑や、先天的な遺伝子異常により発症するまだら症に対する治療ニーズが高まっている。尋常性白斑の治療では、ステロイドなどの外用薬の塗布や紫外線照射などが一般的に行われている。これらが有効でない場合は、外科的手術が選択されるが、一度に広範囲を均一に治療することが難しいという課題がある。

 

アダリムマブBSの適正使用で通知 対象は先行品と同様、壊疽性膿皮症などは適応外

 日本皮膚科学会はこのほど、乾癬治療薬「アダリムマブBS」の適正使用に関する指針をホームページに掲載した。既存治療で効果不十分な尋常性乾癬関節リウマチなど先行品と同様の適応だが、壊疽性膿皮症化膿性汗腺炎は適応外。製剤に関する臨床試験結果などの情報、使用施設の注意点や、効能・効果、用法・用量、慎重投与・副作用、患者への説明時の注意点などを示している。

 慎重投与、注意すべき副作用として、肝機能障害重篤血液障害の発現頻度は先行品と基本的に同様の注意が必要であることなど4点を挙げた。また、患者への説明として「市販後臨床研究的な使用になることを説明し、十分な理解が得られたうえで治療を開始すること」「後続品に変更することで高額療養費制度[岡1] が適用されなくなり、患者負担が増えてしまう可能性があること」の2点を挙げ、注意を呼びかけている。

 

乾癬の再燃、大気汚染への短期曝露が引き金か

 尋常性乾癬患者957例(追跡来院件数4398件)を対象に、環境大気汚染への短期曝露による乾癬再燃(フレア)のリスクを観察試験(症例クロスオーバーおよび横断的デザイン)で検討。3-4カ月の期間に連続する2回の評価で、乾癬面積重症度指数(PASI)5点以上増加を乾癬再燃と定義した。

 その結果、乾癬再燃が認められた患者369例(38.6%)を対象とした症例クロスオーバー試験で、乾癬再燃前60日間(再燃時のPASI中央値12点)の全汚染物質の濃度は対照来院(PASI中央値1点)より有意に高かった(P<0.001)。横断解析で、評価前60日間の粗大粒子状物質(PM10)平均値20μg/m3超および微小粒子状物質PM2.5)平均値15μg/m3超への曝露でPASI 5点以上悪化のリスクが上昇したした(調整オッズ比1.55、95%CI 1.21-1.99および同1.25、1.0-1.57)。

 

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

 

乾癬リスクは生活習慣因子から予測可能

 欧州系の英国バイオバンク参加者50万人を対象に、遺伝的リスクと生活習慣リスクの組み合わせと乾癬の発症リスクの関連を前向きコホート研究で検討。遺伝的リスクを低リスク、中リスク、高リスクに分類し、BMI、喫煙、運動、食生活の因子から算出した生活習慣リスクを理想的、中等度、不良に分類した。

 その結果、低遺伝的リスク+理想的生活習慣群との比較で、高遺伝的リスク+生活習慣不良群の乾癬発症のハザード比が最高4.625(95%CI 2.920-7.348)だった。遺伝的リスクと生活習慣に相互作用は認められなかった。生活習慣の人口寄与割合は32.2%、遺伝的リスクの人口寄与割合は13.0%だった。

 

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov